愛仁会看護助産専門学校

学校生活

HOME > 学校生活 > 看護学科教育目的

看護学科教育目的

教育目的・教育目標等

看護学科教育目的

看護を初めて学ぶ人のために、看護実践のための基礎的な知識として人体の構造や機能、疾病、社会保障制度などについて教授し、その知識を基に看護の対象の健康状態や発達段階に応じた看護が展開できる知識・技術を養います。

同時に看護職者としての倫理観を育てます。看護倫理の原則に従い、善行、正義、自律、誠実、忠誠について理解し行動できるように教授し、看護職者として看護の対象と向き合い、その対象により良い看護とはなにかを倫理の原則に立ち返り追求する姿勢を養います。

さらに使命感については、看護職者としての自覚を高め、単に資格の取得ではなく、人々の健康を支援するとともに健康状態に応じた適切な看護が提供できるように、自己の役割を認識し、継続的に社会に貢献できるように看護について学び続ける姿勢を育てます。

看護学科教育目標

  1. 生命の尊厳と人権を守り、人々の多様な価値観を尊重し、倫理的判断に基づいたヒューマンケアを実践するための豊かな人間性を養う。
  2. 人間を身体的・精神的・社会的に統合された存在として捉え、環境との相互関係の中で、変化しながら生活する存在として理解できる能力を養う。
  3. 人々の健康上の課題に応じて、科学的根拠に基づいた看護を展開できる基礎的能力を養う。
  4. 保健・医療・福祉チームの一員として連携・協働し看護を実践できるとともに、国際化の動向を踏まえて看護を創造するための基礎的能力を養う。
  5. 社会の変化の方向性を理解し、看護専門職として自己啓発に励み、生涯にわたり看護を探求し続ける姿勢を持つための基礎的能力を養う。

看護学科アドミッションポリシー(本校が求める学生像)

  1. 人を思いやり、相手の立場にたったコミュニケーションがとれる人
  2. 心身共に自らの健康管理ができる人
  3. 看護師になるための学ぶ意欲を持ち、主体的に継続して学習行動がとれる人

看護学科ディプロマポリシー(本校の期待される卒業生像)

  1. 生命の尊厳を理解し、人として尊重できる能力がある
  2. 多様な価値観を尊重し、倫理的な判断のもと看護の実践ができる能力がある
  3. 人を環境と相互に影響しあい生活を営んでいる存在として理解する能力がある
  4. 人を身体的・精神的・社会的に統合された存在として捉える能力がある
  5. 人が生活することを支援するために、根拠をもって看護実践できる能力がある
  6. 看護を実践するために必要なコミュニケーション能力がある
  7. 的確に状況を判断し、問題を解決できる能力がある
  8. 看護専門職者として多職種と連携・協働するための基礎的能力がある
  9. 社会の変化と医療の動向を察知できる姿勢を持ち、広い視野で自ら生涯学習し続けることができる
  10. 看護専門職者として感性を高め、主体的に学習し、看護を探求し続けることができる

PAGE
TOP