愛仁会看護助産専門学校

学校生活

HOME > 学校生活 > 助産学科教育目的

助産学科教育目的

教育目的・教育目標・特色等

助産学科教育目的

周産期において正常経過からハイリスクまであらゆる対象に自律してケアを提供できる助産師を目指して、助産学の基礎的能力とともに、どのような困難な状況であってもあらゆるニーズに応え、安全な出産を保障できる実践力を育成します。また、これらの能力の基盤として、生命誕生・家族の創生にかかわる専門職としての使命感と倫理観を身につけ、女性と共にある助産師の原点を追究できる専門職業人を育成します。

助産学科教育目標

  1. 女性に寄り添い、安全なケアの提供が行えるための診断に基づいた実践力を養います。
  2. 自然を重んじ、周産期における自律したケアを実践するために、正常経過の診断及びその逸脱の判断ができる能力を養います。
  3. 女性の性と生殖をめぐる生涯の健康上の課題に対し、主体性を尊重した自己決定を促す支援を継続的に行える能力を養います。
  4. 次世代健全育成のため安心して子どもを産み育てる環境を整え、保健医療福祉チームの一員として他職種と連携・協働が行える能力を養います。
  5. 女性と子ども、家族を尊重する倫理観を養い、専門職としての責務を果たし、自律する能力を養います。

助産学科特色

地域における総合周産期母子医療センターの役割をもつ当法人では、多くの母体救急事例や母体搬送を含めた超未熟児の事例など生命に関する困難な倫理的課題への対応とともに院内助産においては母親の持てる力を十分に引き出す自律したケアの実際から助産師に求められる専門性を学ぶことができます。

特に実習では、愛仁会各施設と緊密な連携によって一貫した教育指導を実践し、実習施設には卒業生も多くいるため、安心して学べます。

助産学科アドミッションポリシー

助産学科では、正常経過からハイリスク事例まであらゆる対象に必要な助産ケアを愛と思いやりをもって提供できる実践者として、社会に貢献できる助産師の育成を目指しています。1年間という短い期間で専門性を身につけるためには、他者理解とともに自己理解を深め、対象となる方々から学ばせていただく真摯な姿勢を持ち、生涯にわたって学習が継続できる次のような学生を求めています。

  1. 助産教育の修学に必要な基礎学力としての知識や技術を持った人
  2. 論理的思考力とともに看護に必要な情報をあらゆる視点から収集し、エビデンスをもとに統合する能力を持った人
  3. チーム医療を実践するための協調性とともに自身の意見を表現、伝達できる人
  4. あらゆる対象を尊重し、社会に貢献できるための使命感と誠実性を持って学業に専念できる人
  5. 対象への深い関心を持ち、看護・助産の発展のために主体的に学び、自己を内省できる能力を持った人

 以上に基づき、助産学科では次の能力や適性をもつ学生を選抜します。

  1. 看護学の学習を深化させ、高い基礎学力と実践力を有していること
  2. 看護実践に必要な看護展開能力を有していること
  3. 看護実践を支える論理的思考力、表現・伝達力とともに自己を内省できる能力を有していること

助産学科ディプロマポリシー(本校の期待される卒業生像)

  1. 妊産褥婦・新生児の正常経過にかかわる診断とエビデンスに基づいたケアが行える。
  2. 妊産褥婦・新生児の異常に対する予測と予防的行動がとれ、緊急時の母子への対応を理解している。
  3. 周産期におけるリスクマネージメントをふまえ、分娩の介助が安全に行える。
  4. 発達段階やニーズに応じ、集団・個別に対する健康教育・相談・指導が行える。
  5. 妊産褥婦とその家族に対する親準備及び育児支援が行える。
  6. 妊産褥婦とその家族が妊娠・出産・育児を主体的に取り組めるよう、人間関係を構築し、おもいやりのあるケアが行える。
  7. ライフサイクル各期の特徴をふまえ、女性の生涯を通じた性と生殖の健康と権利を守る支援を理解している。
  8. 継続的なかかわりの中で信頼関係を築き、wellnessに向かう支援が行える。
  9. 地域における関係職種や関係機関との調整、連携を学び、生活に根ざした母子保健サービスの提供が行える。
  10. 周産期医療システムを理解し、チーム医療における助産師の役割と責任に基づいた行動がとれる。
  11. 自律した専門職としての誇りと責任を自覚し、助産師としてのアイデンティティが形成できる。
  12. 母子の命を尊重し、時代に合わせた倫理的課題に対応できる。

PAGE
TOP