愛仁会看護助産専門学校

学校概要

HOME > 学校概要 > 概要・学校長あいさつ

概要・学校長あいさつ

学校概要

全国でも数少ない看護学科・助産学科を併設した私立の専門学校です。
6階には最大収容人数500名を超えるナイチンゲールホール(講堂兼体育館)を備え、各教室には液晶プロジェクターを設置し、和室に浴室や洗面所を備えた在宅看護実習室、高機能シミュレータを設置したシミュレーションラボなどを設け、ハード、ソフト両面から今後の看護を担う助産師、看護師の育成に力を注いでいます。また、情報科学室や教室からは学内ネットワークに接続でき、医療の現場はもとより広くIT化社会に対応できる教育体制をとっています。両学科ともに愛仁会各施設を中心に実習を行い、実習施設との緊密な連携によって一貫した教育指導を実践しています。

学校長の言葉

愛仁会看護助産専門学校にご関心をお持ち頂き誠にありがとうございます。
本校は1980年の開校以来、これまでにあわせて1700名以上の看護師、助産師を世に送り出してきました。
少子高齢化が進行するわが国で医療、介護、福祉のさまざまな分野で活躍する看護師、助産師への期待は増しています。
愛仁会では医療、介護、福祉のトータルヘルスケアを推進しており、本校はその医療の現場で活躍できる人材育成を担ってまいりました。
いま看護基礎教育、助産師教育が大きく変わろうとしています。
本校の特徴である急性期医療から在宅看護、福祉分野までを有する法人実習施設を活用し、より実践的な看護師教育・助産師教育を行います。
是非、看護師、助産師を目指す皆様と一緒に学べることを期待しています。

愛仁会看護助産専門学校長 井阪 俊彦

PAGE
TOP